【2019年10月8日(火)放送】スカーレット第8話のネタバレ考察

スカーレット

NHK朝ドラ「スカーレット」第8話(2019年10月8日放送)のネタバレと考察、感想をお伝えします。

前話の振り返り

信楽での初めての冬。大阪から来た借金取りを追い払う為どうしようか考えた結果、風呂を熱くしてやろうかとするが借金取りにも家庭があることや、悪い人に見えて良い人だということがあると教えられた。なのでゆで卵を遠慮せず食べる借金取りに1つ分けてと伝えるも貰えも貰えなかった。急に草間が帰ってきて、父の借金の話を聞きお金を代わりに払った。今月分の支払いが済み帰宅する借金取りと、大阪から帰宅した父が遭遇し、草間がお金を払ってくれたことを知った。借りがあるのでお金は要らないという草間に対し、なぜかムキになりお金は受け取れないとお金を返す。泊めてもらうために宿代として受け取ってほしいと言われるも全て断り、ムキになる父に対し、きみ子はなぜなのかとしつこく聞くも答えてくれず、怒った父はきみ子を打った。

スカーレット第8話ネタバレと考察&感想

スカーレット第8話のネタバレ

常治から「男には意地と誇りがある」と言われた喜美子は、意地と誇りとは何かを考える。
そしてその晩ねずに一日かけて考えた喜美子は、ついに自分で意地や誇りについて意味を理解し、そして「女にも意地と誇りはある!」と胸を貼って父親の常治に言うのだ。
それを見て、草間は柔道を喜美子に教えることにしたのだ。
柔道着を用意してもらい、道場も見つけて早速練習を始める喜美子たち。
そこには信作とガキ大将の黒岩の姿などもあった。
草間流の柔道は、まずは人を敬うところから始まり、勝ち負けの勝負ではなく、人にやさしくをもっとうとしたものだ。
そこへ遅れてやってきた照子も含め、喜美子たちは道場を掃除し、草間流の柔道を習うのであった。


「スカーレット」第8話 詳細ネタバレ

借金取りに払わねばならないお金の一部を、草間が代わりに払ってくれたのだが、常治は借りを作りたくないと草間に有り金を全て渡して返そうとするが、20円だけ足りなかった。
喜美子は20円だけ草間さんの気持ちと思って、受け取ったら良いじゃないかと、常治に言うがいうことをきかない、そして常治は喜美子に手をあげてしまうのだ!
睨み付けながらも喜美子は「何であかんの?」と常治に意見すると、常治は観念したように「俺だってそうしたい。そやけど出来へんのや。男には意地や誇りがあるねん!女には分からへん。」と呟くのだった。
喜美子は「意地」の意味が理解できず、夜もよく眠れなかった。
翌朝、喜美子は日課の水汲みをしていて、フッと何かを思い付いたらしく、常治のもとへ走る。
そして「聞いて。お父ちゃんの言うこと分からへんだけど、わかった。」と言って、この間の紙芝居での件を話し始めるのだった。

スカーレット第8話の考察&感想

常治がどうしても草間の好意を受け取らないところ、常治の不器用さや頑固さがよく出ている。
もしかしたらお金をサッと出せる草間に対しての羨望や、自分がそう出来ない歯がゆさもあったのかなぁと感じた。
常治は「意地」という言葉を使っていましたが、それは「男にだけあるもの」と捉えているところが、まだまだ戦後間もないことを表しているように思えました。
現代では喜美子のいう通り、女性にも意地はあるし、反対に上回っているくらいです。
ラストシーンでの喜美子の「女にも意地はあるんじゃー!」の一声、頼もしかったですね!
これから陶芸家として、男社会で揉まれていく喜美子にとっては、「意地」は一番の宝物になるような気がしました。


スカーレット第8話(ネタバレ含む)感想 1

30代女性
喜美子が草間流の柔道を習うことができるのは、またしても人の心を動かしたからだと思います。
意地と誇りは女性にもあり、男性女性に違いはないと言い切った喜美子。その喜美子を見て草間は心を動かされて柔道を教えてくれます。
喜美子の強い信念に動かされ、東京行きを延長してまでも教えたい草間流の柔道。いったいどんなものなのか気になります。
人を敬い、人にやさしい考えの草間流です。
これから喜美子が大きくなっても、この草間流が活用できるだろうと考えます。
喜美子はこれから陶芸の道に進みますが、まだ陶芸とはあまり縁がなく、どこで陶芸に目覚めるのか気になります。
そして子供から大人の喜美子になるのももうすぐです。
戸田恵梨香さん登場に、期待が膨らみます。

スカーレット第8話(ネタバレ含む)感想 2

20代女性
初回からずっときみちゃんのお父さんが持ち続けていた男の意地と誇りというものを、わたしはとてもくだらないものだと思っていました。
そんなもの早く捨てて子どもたちに美味しいものを食べさせてあげてほしいとさえ思っていたけど、きみちゃんがその男の意地と誇りを理解してしまったびっくりしました。
人間として譲れないプライドというものを感じたんだろうなと思います。
それを聞いていたお母さんが感動して涙ぐんでいたのがとても印象的でした。
また、ついにきみちゃんが柔道を習い始めたことがとても嬉しかったです。
しかも、草間流柔道は勝ち負けではなく人としての心を養うことが教えなんて素敵だなと思いました。
きみちゃんたちが柔道を経験する中でどんなふうに育っていくのかが楽しみです。

スカーレット第8話(ネタバレ含む)感想 3

30代女性
草間が肩代わりをしてくれた借金に対し、受け入れられないと自分の意地を通そうとする父親の気持ちが分からず、「なぜ?」と問い続ける喜美子がおり、肩代わりしてくれることで家族が助かると必死に父親を説得する姿が切なくなりました。欲しくても受け入れられない男の意地という父親の気持ちを聞き、以前、喜美子が紙芝居を妹と見に行った際のお金がなく悔しい思いをしたことを思い出します。それを父親に話し、「女にも意地はある!」と笑顔で言った喜美子を見て心の強さ・成長を感じました。そのことで、草間に対して男の意地がうやむやになってしまった父親の悔しい思いを和らげたように感じました。
また、その話を後ろで聞いていた草間が柔道教室を開くよう動き出します。たくましさや優しさなど精神を学んでもらいたいという思いからのようで、喜美子の心の強さが原動力になっているように感じました。柔道教室を開くにあたり多くの子供たちが集まってきており、これまで自分よりも家のことを優先してきた喜美子の生活に変化が訪れると感じました。喜美子の嬉しそうに柔道教室に参加する姿がとても印象的で、参加することでどう成長していくのか期待も高まりました。

スカーレット第8話・放送前の期待の声

期待度…★★★★★(5)がMAX

30代女性
小さいながらに家のことを率先して行う主人公・喜美子がおり、家族のためにと働く姿にたくましさを感じます。そこから絵が上手いことが分かったり、薪で火を調整することができるようになっていたりと今後の陶芸家になっていく片りんが見えてきています。今後、たくさんの人との出会いがある中で、どのようなきっかけで陶芸と出会い、志していくのか楽しみです。また、戦後の女性が働くことがメジャーではなかった時代に、どう男性社会に立ち向かっていくのか、どう陶芸家としての人生を切り開いていくのか期待です。【期待度 ★★★★★(5)】
30代男性
戸田恵梨香さんと北村一輝さんが好きな俳優さんの1人なのでドストライクです。意外にも戸田恵梨香さんが陶芸家を演じるとは。地味なドラマなのか、はたまたどんなドラマが待ち受けているのかまったく予想できませんが楽しみです。【期待度 ★★★★★(5)】
30代男性
まず、自分的にドストライクの戸田恵梨香さん主演というのがビビビビと来ました。朝の忙しい時間にパパっと見れる朝ドラは小学生の頃から見ておりました。陶芸を題材にするという、新鮮なストーリーを見るのが今から楽しみで仕方ありません。【期待度 ★★★★★(5)】

第8話が放送された「スカーレット」第2週のまとめ記事はこちら

第7話<< | >>第9話