【2019年10月5日(土)放送】スカーレット第6話のネタバレ考察

スカーレット

NHK朝ドラ「スカーレット」第6話(2019年10月5日放送)のネタバレと考察、感想をお伝えします。

前話の振り返り

紙芝居を見てみたいと泣く妹がきっかけで、主人公であるお姉ちゃんは自分で絵をかいてみることにした。狸の絵、妹の似顔絵、琵琶湖の絵を学校にも行かずに書き上げた。その絵を見た居候の男性は「大人顔負けの上手な絵だ」とほめてくれた。その絵を使った紙芝居を、家族の前で披露し、母や妹や居候の男性はほめてくれた。しかし、学校でも絵をかいていた主人公は、教科書も広げずに「女に学問は必要ないと父に言われました。それが我が家の家訓です」とみんなの前で言ったことが、父の職場の社長の耳にはいり、父親は恥をかいたため怒って帰宅し、「こんな落書きをしていないで、勉強を教わりに行け」と娘を叱る。勉強をおそわり、帰宅すると居候の男性はすでにいなかった。

スカーレット第6話ネタバレと考察&感想

スカーレット第6話のネタバレ

喜美子の家の電気がつき水も出るようなり、常次が作った自慢のお風呂が出来た。喜美子は父の入るお風呂の温度を調整できるほどの腕前となり、畑の仕事や妹の面倒も見る働き者であった。常次が出かけとすると、借金取りと出会い常次は嘘の情報を流した。喜美子は読み書きが出来るようになったのは照子のおかげで、照子は新作に文を喜美子に渡してもらう。待ち合わせの場所にくるが、新作は辛くて考えるとしんどくてもうやめて欲しいと、照子に言って欲しいと帰ってしまう。照子は今日お兄ちゃんの誕生日で、戦争に行って帰ってこなかったと喜美子に伝え、二人はお墓の前でお参りをして兄を偲んだ。喜美子が家に帰る、家の中には大阪から来た、二人の借金取りが父の帰りを待っていた。


「スカーレット」第6話 詳細ネタバレ

出て行った草間が残した手紙には漢字が混ざっていて、喜美子はまだ全部読むことができなかった。そんな中、信楽にきて初めての冬がやってきた。水道も電気もなかった家に電気がついた。父が作った風呂もできた。風呂を焚くのは喜美子の役目だ。何度も何度も失敗し今ではとても上手に焚けるようになった。水汲みや畑の世話、妹の世話もしている喜美子。父が出かける途中コワモテの男達に出くわす。父を訪ねてやってきたようだ。父はなんとか嘘をついて逃げる。学校で、喜美子は読み書きもできるようになった。照子が恩着せがましく誰のおかげか聞き、照子は信作に恋文を渡すよう喜美子に頼む。照子は信作のことが好きなようで、信作と一緒に亡くなった照子の兄の御墓参りをしたかったようだ。信作は待ち合わせ場所に来るがすぐに帰ってしまったので、照子が代わりに御墓参りにつきあうことに。照子は昔目撃した兄の逢引のまねもしたかったようで、喜美子に口づけをする。喜美子は怒る。帰宅すると大阪からきた借金とりの男達がおり、喜美子はどうしたらよいものかと考えるこむ。その時誰かが信楽に向かっている後ろ姿が。

スカーレット第6話の考察&感想

お金がない生活わしている中、父が大阪でしている借金が発覚したが、果たしてそれはお酒だけなのか何か他のことをして借金をしているのか気になった。お腹にお金を隠し歩く姿をみて何か他に隠し事をしているのではないかと思った。裕福で何も失っていないと思っていたてる子にも兄がいて、兄は戦後戻っていないことを初めて知り、てる子ときみ子の明るさは偉大だと思いました。悲しさに負けない日々を楽しむ子供だからなのか強さを感じました。子供3人の付き合いが今後も気になります。父が入るお風呂を沸かしたり、教科書に書いてあった野菜を育てる方法で畑を耕し、妹の面倒をしっかりみていたきみ子はなんでも簡単にこなし頭を使い大人になったきみ子の姿を見るが楽しみになる1週間でした。


スカーレット第6話(ネタバレ含む)感想 1

30代女性
ドラマの最後に喜美子の家に向かう一人の男性がいました。あの後ろ姿は草間なのか?大阪へ帰ったはずの彼がなぜ今ごろ信楽にいるのか謎ですが、喜美子のことを助けに来てくれたのかと、ちょっと期待に胸膨らみます。喜美子の家は今大ピンチです。常治が作った借金を取り返しに大阪から二人の男がやって来ました。
常治は不在で喜美子は自分の力でどうにかしようと考えていますが、このピンチを草間が救ってくれるのかと予想します。喜美子は何から何まで一人で背負い、苦労が絶えません。この先も常治のせいで何もかも失い、そして諦める人生になるかもしれません。そんな時に草間が近くで支えてくれればいいなと思います。借金取りをどうかわすのか、喜美子のこれからが不安です。

スカーレット第6話(ネタバレ含む)感想 2

30代男性
草間からの手紙が読めなくて喜美子はとても悔しかったのでしょう。てるちゃんと信作に読み書きを教わって読めるようになってよかったと思いました。しかし、てるちゃんは見返りを求めて来る感じが少し嫌でした。木陰でふざけて、喜美子にてるちゃんがキスをする場面は喜美子は、かなり怒っていたのですごく嫌だったんでしょうね。家に帰ると借金取りが待っているなんて状況、子供からしたら怖すぎます。父親はなぜそんなに借金を作ってしまうのでしょう。父親の言動が見ていて少しイライラしてしまいます。もっと家族のために頑張って欲しいです。悪い人ではないと思う一面もあるのでこれから、どのように心変わりしていくか見守りたいと思います。

スカーレット第6話(ネタバレ含む)感想 3

40代男性
スカーレットの第6話では喜美子が小学校の中でも、頼られる存在になる場面からストーリーが始まります。もともとリーダー的な性格であった喜美子が受け入れられて、その能力を発揮しだしたのだなと感じました。そのため三角関係に巻き込まれますが、天性の感性で乗る気って聞くのはさすがだとおもいました。
場面が変わって、家の平和をかき乱す客が登場します。父は借金取りから夜逃げして信楽に来ていたのです。その借金取りがやってきたのです。今では法律で禁止されるので見る事は出来ない借金取りを見る事が出来ます。次回以降この恐ろしい借金取りに対して、喜美子やマツ達川原家の人々はどのようにして対峙していくのか、非常に見ものだと思います。

スカーレット第6話(ネタバレ含む)感想 4

30代女性
第6話では主人公の喜美子の人生にとって大切な草間さんとの出会いが一旦終わりを告げました。幼い喜美子はだめだめの頼りないお父さんの言動に振り回されつつ、ご飯を作ったり直子ちゃんのお世話をしたり生きるために忙しい毎日を送っていますが、その中で草間さんとの出会いは喜美子が自分についてを考えるきっかけになる大きな出来事だったと思います。草間さんという家族ではない年上のミステリアスな男性に憧れを抱く喜美子がかわいらしく、その出会いによって世界が開ける様子が6話でよく描かれていたと思います。自分が絵を描くのが得意なことを知り、ここから自分の人生を考えるようきっかけを与えてくれたように思います。お父さんにとってはどうでもよいことと言われて傷つきながらも平静を装う喜美子がけなげでした。今後は絵が得意なところから芸術的な才能が開花して陶芸の道へ進むのかな?と想像しています。
早々に草間さんが出て行ってしまったのは寂しかったですが、今後再登場してくれると思うので楽しみにしています。

スカーレット第6話・放送前の期待の声

期待度…★★★★★(5)がMAX

50代女性
戸田恵梨香さん大好きなので絶対みようと思ってます。信楽焼の女性陶芸家のお話ということでどういうお話なのかいまから楽しみです。今回の役柄のために体重を増やしたということを聞いてさすがだなとおもいました。笑いあり、涙ありで楽しませてくれることでしょう。【期待度 ★★★★★(5)】
50代女性
戸田恵梨香さんが久しぶりの連ドラ出演ということで、それだけで楽しみなドラマです。今回戸田さんが演じる主人公は、将来、女流陶芸家の草分け的存在となる川原喜美子さん。陶芸という職業をピックアップした内容のドラマは、かつてないものだと思います。また戦後の混乱した日本で、苦しく貧しいながらも自分の道を究めようとする一人の女性の生き方を、力強く描いてくれるものです。戸田さんの一本芯の通った演技力で、そんな喜美子さんのまっすぐな人生をしっかり表現してくれると期待しています。【期待度 ★★★★★(5)】
30代男性
“子役の横溝菜帆の演技に期待しています。昨年、義母と娘のブルースに出演し、その演技力が話題となりました。今回は大島優子の役の子供って時代と言うことで、お嬢様でプライドが高いのようです。
また男性社会の中で女性として窯を持ち、独自の信楽焼きを作る女性と言うことで、昭和という時代に、女性が職業を持つということへの挑戦だと思います。今の時代に通じるものもあると思います。どのように描かれるのか楽しみです。”【期待度 ★★★★★(5)】
30代男性
おっさんズラブで注目されてきている、林遣都が出演するので、女性陣の期待が大きいのではないかと思います。役柄を見ると今回は、おっさんズラブとは違い普通の役だとは思いますが、ドラマや映画が大ヒットしている今だからこそ、彼に注目が集まり演技を通してさらにその魅力にはまる人もいるのではないでしょうか。主人公の幼なじみ役と言うことなので、かなり重要な役割を果たすと思います。彼の演技に期待しています。【期待度 ★★★★★(5)】

第5話が放送された「スカーレット」第1週のまとめ記事はこちら

第5話<< | >>第7話