【2019年11月11日(月曜)放送】スカーレット第37話のネタバレ考察

スカーレット

NHK朝ドラ「スカーレット」第37話(2019年11月11日放送)のネタバレと考察、感想をお伝えします。

前話の振り返り

夜、眠れずに貴美子は丸熊陶業で絵付けの仕事が頭から離れない。横を見ると直子も眠れないでいた。直子は怖い夢を見たと言い空襲で貴美子に置いていかれたと話す。その後、貴美子は何か楽しいことを考えて寝ようと提案する。翌日、貴美子の職場の食堂に照子がやってきて貴美子に話しかける。照子が貴美子に楽な仕事をされるように頼んだことがわかる。貴美子は仕事は大変な方が面白いと言い愚痴る。そこへ信作がやってくる。貴美子は絵付けのことを聞き作業場に勝手に入る。そこへ城崎がやってきて丸熊陶業と手を切ることがわかった。貴美子は照子に絵付けをやりたいと頼み込む。照子は貴美子の熱意に負けて父親に話してみると言う。翌日、作業場に行く見知らぬ男が貴美子を待っていた。

スカーレット第78話ネタバレと考察&感想

スカーレット第37話のネタバレ

喜美子は、丸熊陶業の絵付け作業場へ行くと変なおじさんがいて、そっと体を押され閉め出された。社長に聞くとそれは新しい絵付師で日本で有名な深野先生だと聞いた。社長達と絵付け作業場へ行きと絵付師達は体操をしていた。社長は喜美子が絵付けをしたいと言うと深野先生や弟子達は簡単に受け入れてくれた。そこで深野先生は名前はなかなか覚えてもらえないので番号で呼び合うように聞いた。深野先生の絵柄を真似し火鉢の絵付けをするように言われた。喜美子の絵付けを弟子達が褒めてくれた。喜美子は夢中に取り組んだ。その頃、川原家では妹達が洗濯物をたたみながら喜美子の帰りが遅いことを心配していた。お母ちゃんは喜美子に諦めさせた美術学校の資金を貯めると陽子さんに話し、貯金箱を陽子さんに預かってもらうことにした。


「スカーレット」第37話 詳細ネタバレ

ある朝、照子に言われたとおり、絵付けの作業場に向かった喜美子はそこで見知らぬ男に追い出された。喜美子は食堂での仕事中にその男の話をし、新しい絵付け職人だと知る。社長にも尋ねてみると、日本画家の深野心仙だと教えられた。喜美子は社長と一緒に絵付けの作業場に向かった。社長が深野に喜美子を紹介した。喜美子が絵付けをしたがっていることを話すと、「ええよ」と快諾した深野であった。喜美子もいきなり火鉢に絵付けをすることになり、大喜びだ。そのころ、マツは陽子に貯金箱を預かってほしいと相談に来ていた。マツは貯金をして喜美子が諦めた学校に通わせてやりたいのだ。その夜、常治は飲み屋で喜美子の婿候補を探していた。そんな両親の気持ちを知る由もなく喜美子は絵付けに没頭していた。

スカーレット第37話の考察&感想

貴美子は絵付けの仕事をしたいと照子に話し翌朝、作業場に行くと見知らぬ男性がいました。その人は絵付け師で貴美子は絵付けがしたいと頼むとすんなり引き入れてくれます。なんだかつかみどころのない先生ですね。でも絵付けの仕事は一流みたいですから貴美子はとてもいい人と出会えたように思います。初めて絵付けの仕事をした貴美子は無我夢中で描いていました。それだけ絵を描くことが好きな証拠です。だから学校に通えなかったことがとても悔やまれます。父親に誰か酒をやめるように注意してくれるような人はいないものでしょうか。本来なら母親がその役目なのですが全然頼りになりません。貴美子は絵付けの仕事を通して素晴らしい絵付け師になってほしいと思いました。


評価…★★★★★(5)がMAX

スカーレット第37話(ネタバレ含む)感想 1

50代女性
新しい絵付け職人たちの登場によりとても面白かった。喜美子が絵付けの作業場から追い出された時は受け入れてもらえないのかと思ったが、社長が紹介すると「ええよ」の一言だったので拍子抜けした。深野は変わり者のおじいちゃんという感じで、何にでも「ええよ」と答える適当なところに笑ってしまった。その弟子たちもマイペースな深野に合わせられる陽気で懐の深い人たちのようだった。喜美子のことも自然と迎え入れており、以前の絵付け職人たちとは大違いだ。また、弟子たちの1番、2番と言う呼び方にも驚いた。喜美子は3番になるのだろうか。そして、喜美子は夜遅くまで絵付けの作業に熱中して、時間も忘れているようだった。自宅に帰っていないので家族が心配しているのではないだろうか。どの様な展開になるのか次回も楽しみだ。【満足度 ★★★★★(5)】

スカーレット第38話(ネタバレ含む)感想 2

50代女性
喜美子が工房に行くと知らない男性がいて喜美子の話を聞かず喜美子の事を追い出して、喜美子はその男性が誰なのか回りの人に聞くと新しい絵付け師で喜美子の話を聞いてくれてもいいのになと思いました。喜美子は社長が話を通してくれたことによって工房で働かせてもらうことになり、初めてやる絵付けの仕事に魅了されてやっとやりたいことをやれる喜美子を見ると頑張って欲しいなと思いました。お母さんは喜美子が学校に行きたいと言っていたお金を借金の支払いに変えてしまったので、お母さんが少しずつお金を貯めて学校に行かせてやれるようにしてやりたいと思う気持ちが素敵だなと思いました。お父さんも喜美子にばかり負担をさせないで喜美子にもやりたいことをやらせてくれたら良いのになと思いました。【満足度 ★★★★★(5)】

スカーレット第38話(ネタバレ含む)感想 3

50代女性
喜美子が丸熊陶業の絵付け作業場に行くと変なおじさんがいて作業場から追い出されたときは驚いたと思った。社長から新しい有名な絵付師だと聞いた時はちょっとショックだったと思った。でも喜美子は、新しい絵付師達に絵付け作業をすることを簡単に了承してもらえてとてもうれしかったと思った。絵付師の弟子たちは番号で呼ぶように言われた喜美子は驚いたと思った。名前だとふか先生に覚えてもらえないと聞いた時に納得したと思った。絵付け作業を教えてもらうことになり、火鉢の絵付けをしてみるように言われうれしくて楽しくてたまらなかったと思った。ふか先生の絵柄を見ながらの絵付けですが弟子達から褒められてうれしかったとおもった。時間を忘れるくらい夢中になったと思った。川原家では喜美子の帰りが遅いことを妹たちが心配してましたが、今後、川原家の家事と仕事の両立が難しくなるのではないと思った。家族が協力してくれるよう願うばかりです。【満足度 ★★★★★(5)】

スカーレット第38話(ネタバレ含む)感想 4

50代女性
絵付けの仕事が出来るとルンルンで作業場に行って知らない人がいて、無言で追い出されたら誰だって驚くよなと思いました。冷静に考えたら新しい人かなとすぐに分かるものですが、喜美子はもう自分がやらせてもらえると思い込んでいたのですね。新しく出てきたフカ先生はとても面白いキャラクターだなと思いました。前回までの親方みたいに堅くて頑固な人かと思ったら、お茶目で軽いノリの人で見ていてとても面白いです。お弟子さん達も男性だけど優しくて面白い人たちなので喜美子も安心して仕事が出来そうだなと思いました。家事を中心にやってきた今までとは違う仕事になりますが、絵を描くのが好きな喜美子にとっては今までの仕事と比べると何十倍も楽しめる仕事だと思います。でも、そんなに簡単な仕事ではないと思うので、これから沢山の苦労をしていくのかなとも思います。これからまた更に喜美子が成長していく様子が見られそうです。【満足度 ★★★★★(5)】

スカーレット第37話・放送前の期待の声

期待度…★★★★★(5)がMAX

50代女性
大阪に出て、住み込みで仕事をはじめて、やっと仕事を覚えて一人で仕事ができるようになって、学校に通おうかと思って準備をしていたところで、実家に戻ることになってしまったのは残念だなぁと思っていたのですが、絵付けの仕事に興味をもちはじめたので、これからが楽しみです。【期待度 ★★★★★(5)】
20代女性
大阪の荒木荘での仕事を辞め、実家を支えるために故郷の信楽に戻った喜美子は、とうとう陶芸の道へ進み始めた。絵付けの作業に憧れ希望するも、仕事をさせて貰うのは無理と思われたが、運良く絵付け師の交代により叶った。やっとスタートラインに立つことが出来た喜美子が、今後どんな頑張りを見せてくれるかに期待です!【期待度 ★★★★★(5)】
30代女性
幼少期から変わらず、負けず嫌い、そして誰よりも家族思いな性格の川原喜美子を応援したくなるようなドラマです。
草間さんが川原家にやってきて、お金がなく給食費が払えない!早く草間さんに帰ってもらわなくてはと焦っていた喜美子にはクスッと笑ってしまいました。
妹にゆで卵を譲って欲しいと借金取りに立ち向かう姿は家族思いな面がよく現れていたと思います。
荒木荘で働く姿は、見ていてとてもたくましく、感じました。
大久保さんから厳しく指導され、部屋の枕に怒りをぶつける姿を見て応援したくなりました。
でも、本当は心優しい大久保さんには癒されました。
好きな登場人物の一人です。
今は信楽に戻ってきた喜美子ですが、荒木荘での生活をもう一度見たいと思っています。
お酒が大好きな父に振り回されて大変だけど、それでも家族のために働く喜美子を尊敬します。
これからは恋の方にも少し期待しながら見て行きます。【期待度 ★★★★★(5)】
30代女性
大阪の荒木荘を出る時に会えなかった水野美紀さんが信楽を尋ねて来てくれて、またやる気が出てきた戸田恵梨香さんが、なんとしてもイッセー尾形さんの弟子になろうと必死に仕事を頑張ると思います。人よりも早く来て、遅くまで仕事を頑張る様子を見てイッセー尾形さんも心を揺さぶられますが、女性には向かない仕事だという考えもあり、なかなか弟子にしてくれないのだと思います。【期待度 ★★★★★(5)】
30代女性
本当は、大阪に残って美術の専門学校に通いたかった戸田恵梨香さんを、半ば強引に信楽に呼び戻してしまったことを気にしている富田靖子さんが、なんとか戸田恵梨香さんの夢を応援しようと、それまで夫の言いなりだったのですが、これからは北村一輝さんに対して、交渉するような姿勢を見せてくれると思います。【期待度 ★★★★★(5)】

第37話が放送された「スカーレット」第7週のまとめ記事はこちら

第36話<< | >>第39話