【2019年11月07日(木曜)放送】スカーレット第34話のネタバレ考察

スカーレット

NHK朝ドラ「スカーレット」第34話(2019年11月07日放送)のネタバレと考察、感想をお伝えします。

前話の振り返り

喜美子は大阪に戻ろうとした道中で、信作から川原家がマツの薬代を滞納していることを聞きだす。直子も泣きながら、川原家の惨状を話した。喜美子は直子と百合子を抱きしめた。喜美子は借金をいくらか返済し実家に戻った。喜美子は家の借金を全て計算し把握した。笑うしかないほどの借金だった。そして、マツから常治は丸熊陶業の雑用の仕事の募集を見て、喜美子を呼び戻そうと考えたということを聞く。喜美子は一旦大阪に戻る前に丸熊陶業に寄る。その先で絵付けの親方と照子の父が揉めている現場に遭遇する。そこに帰ってきた照子と喜美子は再会した。喜美子は照子に雇ってもらえることを確認した。一方、荒木荘に喜美子が辞めるという電報が届き、皆落胆していた。そして、大久保が喜美子の荷物をまとめてくれた。そこに喜美子が荒木荘に戻ってきた。

スカーレット第34話ネタバレと考察&感想

スカーレット第34話のネタバレ

喜美子は信楽に帰るか、大阪に居続けるかを考えながら汽車に乗って、荒木荘に戻ってきた。
帰ってこないと思っていた喜美子が帰ってきたことに驚くさだ達だった。
喜美子の話を聞き、神妙な顔つきになる。
「貯めてた学校へのお金は借金の返済にあてます。学校も諦めます。そして、信楽に帰らせてもらいます。」と喜美子はいうのだ。
しかし事情を聞いたさだ、大久保、雄太郎は寂しいながらも聞き入れるのだ。
ちや子にも挨拶をしたいと思う喜美子に、雄太郎がちや子は上司だったヒラさんが辞めたことにショックを受けて、ちや子も新聞社をやめたこと、そして今は実家に戻っていることを話すのだった。
そこで、ちや子に会うことが出来ないならば手紙を書いていくといい、喜美子はちや子への手紙を荒木荘に残していくのだった。


「スカーレット」第34話 詳細ネタバレ

喜美子は信楽から大阪に帰ってきた。その夜、さだと雄太郎と大久保は静かに喜美子の話を聞いてくれた。喜美子の出した結論は学校を諦め、そのお金を借金にまわし、信楽に帰るということだった。大久保が代わりに引継ぎをしてくれることとなり、すぐに信楽に帰ることとなった。翌日、喜美子はさえずりに寄り、マスターにもお別れを言った。そこで、喜美子が信楽に帰った日にいろいろとあり、ちや子が実家に帰っていることを雄太郎から聞く。喜美子はちや子に手紙を書いた。ちや子には会えずじまいだった。こうして喜美子は大阪から離れた。ちや子が戻ったのはそれからしばらく後のことだった。雄太郎から喜美子の書いた手紙を受け取ったちや子は手紙を読む。手紙と一緒にちや子の食べていたお茶漬けのレシピが書いてあった。自分でそのお茶漬けを作りながら号泣するちや子であった。そのころ、喜美子は信楽での日常を送っていた。

スカーレット第34話の考察&感想

喜美子が荒木荘を辞める話をしたとき、急な話なのに皆理解してくれた。普通なら急すぎて責められても仕方ないのに、責めるどころか一度戻ってきたことを喜ばれていた。喜美子はとても愛されていたのだ。全員涙ぐんで話していたのを見て、涙がこぼれてくるほど感動した。ちや子以外にはきちんとお別れができたのは良かった。また、ちや子も喜美子からの手紙を読み、一緒に入っていたお茶漬けのレシピを見て、お茶漬けを作りながら号泣していた。ちや子にレシピを残すという喜美子の気遣いにも感動したし、ちや子の涙にも釣られ泣きしてしまった。そして、有名になったらいくらでもオート三輪を買ってあげると言った雄太郎の優しさも心に染みた。しかし、喜美子が考えた雄太郎の芸名が信楽太郎なのには笑ってしまった。雄太郎に信楽は関係ないのにと突っ込みたかった。笑いあり感動多しの回だった。


評価…★★★★★(5)がMAX

スカーレット第34話(ネタバレ含む)感想 1

30代女性
汽車に乗っている間、喜美子は信楽に帰って家族のために働くことのか?それとも自分の夢である美術の学校に行きながら、荒木荘で働き内職をしてお金を仕送りをするという道を進むのか?すごく悩んだと思います。
あんなに明確に夢を描いていただけに、その夢を諦めるのはとても辛かったでしょう。
仕送りをしても、直子や百合子の心は癒されないと思った喜美子は、自分が信楽に戻りバラバラになった川原家の家族を立て直すために協力しようと思ったんですよね。
すごく偉いなぁと思いました!
自分が犠牲になり、自分の人生が見えなくなるような道を選ぶのは、とても怖かったと思います。
それでも「これは自分の選んだ道」だという意識でいられる喜美子をとても感心します!
あんな風に私も自分の人生の舵を取りたいと思いました!

スカーレット第34話(ネタバレ含む)感想 2

30代女性
信楽から大阪へ戻る時、信楽に戻るか大阪で働くが悩みながら帰った喜美子の気持ちを考えると胸が痛くなりました。荒木荘の人達が喜美子の話を静かに聞いてくれて、美術学校は諦めて信楽に帰ると言った時、事情をわかってくれて賛成してくれとことに感動しました。大久保さんは喜美子が大阪にきた最初の日に言った一言で喜美子を認めていたことにうれしく思いました。やっぱり大久保さんは喜美子のことが大好きで愛の鞭で指導していたんだと思いました。大久保さんはとても素敵な人だと再認識し大好きになりました。大久保さんにまた登場してほしいと思いました。ちあこさんは会社を辞めてまだ荒木荘には戻ってきてない為、喜美子には会えずじまいで喜美子は心残りだったと思いました。喜美子がちあこさんに残した手紙の内容が前向きで、信楽に戻っても喜美子らしい活躍をしてくれると思いました。

スカーレット第34話(ネタバレ含む)感想 3

30代女性
実家の状況を考えると喜美子の決断は正しかったと言わざるを得ないのが、一人の女性の人生を思うと悲しいことだなと思いました。最初は大変だった大阪の暮らしも、周りの環境に恵まれて、仕事も慣れてきて、お金にも気持ちにも余裕が出てきて、これから自分のためにやりたいことを自分の力でやろうと思った矢先の事だったので、とても残念に思いました。荒木荘も住民が減っていって寂しくなりそうです。また、ちや子さんが新聞社を辞めてしまったのも残念でしたが、ちや子さんは喜美子の手紙からパワーを貰ったので、これからは今まで以上に新聞に対する情熱をもって再出発をしてくれるのではないかと思います。最後に信楽に戻った喜美子が実家でも笑顔で頑張ろうとする姿が見られたのは良かったです。信楽でもまた新しいことに挑戦して楽しい人生になっていってほしいです。

スカーレット第34話(ネタバレ含む)感想 4

30代女性
やっぱりきみちゃんは信楽に帰ることに決めてしまったかととても悲しかったです。
大久保さん、サダさん、雄太郎さんが優しく話しを聞いてくれて良かったです。
しかも、大久保さんが実はきみちゃんのことを初日から認めていたなんてびっくりでした。
家の仕事に終わりなんてないと言ってきみちゃんに厳しくあたりつつも、もうずっと前からきみちゃんのことを一人の人間として信用していたなんて感動でした。
雄太郎さんがギターを持ってきて歌を歌い出したのがおもしろかったです。
また、ちや子さんと会えずじまいだったのがとても心残りだなと思いました。
一番よくしてもらった人だったと思うから、顔を合わせてお別れして欲しかったですが、いつかまたきっと会えると信じています。

スカーレット第34話・放送前の期待の声

期待度…★★★★★(5)がMAX

50代女性
まだまだ手ごわい大久保さんと喜美ちゃんの関係がどうなっていくのか楽しみです。未だいつも仏頂面で笑顔を一度も見せたことのない大久保さんが、笑って荒木荘を去っていく日が来るのかどうなのか、楽しみにしています。【期待度 ★★★★★(5)】
20代女性
おなごには学問はいらんと言う喜美子の父親のせいで、中学時代の友達の照子や信作が高校に進学する中で、大阪の下宿屋の手伝いに奉公に出された喜美子が不憫です。
しかし草間から教わった柔道の心得を胸に秘めて頑張る喜美子を応援します。
そもそも、喜美子は、父親の常治には何の得にも、ならんとけなされましたが、草間に褒められた絵の才能があります。
大久保がいる限り、給料はなしだと荒木社長に言われ、顎で使われる毎日から早く脱脚して、ちや子に刺激を受けて、信楽に戻って窯元で陶器の焼き方や絵付けの修行で才能を開花させて欲しいです。期待度 ★★★★★(5)】
30代女性
戸田恵梨香さんが、水野美紀さんと親しくなり、取材の話を聞いて、記者の仕事に興味を持ったりするのではないかなと思います。そして、「高校に行かなくても勉強しておいた方が良い」と言われ、溝端淳平さんに勉強を教えてもらうようになるのではないかと思います。【期待度 ★★★★★(5)】
30代女性
戸田恵梨香さんが、大阪での仕事が休みの日に、溝端淳平さんから誘われて、大阪の街をぶらぶらして、たこ焼きを食べたり、あまりの人の多さにびっくりしながらも、久しぶりに女の子らしい表情が見られたら良いなと思います。【期待度 ★★★★★(5)】
30代女性
戸田恵梨香さんが、大阪での仕事が休みになって、信楽に帰ったときに、また大島優子さんや林遣都さんと会って、大阪で出会った人たちの話を楽しそうにしている様子を見てみたいです。そのときは、また大島優子さんが、子供のようにちょっと拗ねたりするのかなと思います。【期待度 ★★★★★(5)】

第34話が放送された「スカーレット」第6週のまとめ記事はこちら

第33話<< | >>第35話