【2019年11月06日(水曜)放送】スカーレット第33話のネタバレ考察

スカーレット

NHK朝ドラ「スカーレット」第33話(2019年11月06日放送)のネタバレと考察、感想をお伝えします。

前話の振り返り

喜美子は大阪に戻る前に話しておくことがあるとお母ちゃんに言ったが、お母ちゃんは結婚だと勘違いしていた。喜美子は資料を見せようと取りに行った間に、お母ちゃんは酔って寝ていたお父ちゃん起こし喜美子の話を静かに聞くように言った。喜美子が資料と取って戻ってくると、お母ちゃんは自分がお父ちゃんの出会ったときの話を始めお父ちゃんも喜美子の結婚話と思ったが喜美子は否定し結婚なんてつまらん話じゃないと言った。内職で貯めたお金で来年の春から美術学校に行く話をすると、お父ちゃんは誰の許可でいっているのか、誰が学校なんかに行けといったか、大阪に行くな信楽で暮らせと怒鳴った。喜美子が何の勉強をしようと思っているのかも聞かないお父ちゃんだった。お父ちゃんは3年前は信楽にいたいといってだろうというと、喜美子はもうあの頃の喜美子ではないと言った。お正月に帰省したときに改めて話すことにし明日大阪に戻ると言ったがお父ちゃんは帰るなと怒った。翌朝、大阪に戻るとき百合子にばったり会った。学校の方向ではなかったので理由を聞くとお母ちゃんの薬を取りに病院にいくと言った。喜美子は自分が代わりに行くからと話すと大人ではだめだと百合子はいった。そこに信作が現れ百合子たちは口止めされているから自分が話せば問題ないと病院代が未払いで大人が行くと医療費を請求されるが子供が行くとかわいそうに思われ請求されず薬がもらえると話した。

スカーレット第33話ネタバレと考察&感想

スカーレット第33話のネタバレ

病院代の付けが溜まっていることを知り、直子から、常治が足をくじらせ仕事ができない状態になり、お酒を飲む日々であったことを聞かされる。
喜美子は少しのお金を病院に支払い家に戻る。

マツから多くの借金でツケを計算する喜美子は余りの多さに大笑いしてしまう。これからは仕送りも増やと言うが、喜美子に帰って来て欲しい常治の思いを告げる。
照子の丸熊陶業で若い人の雑用の募集があり、常治は今度こそ喜美子を雇って貰うために方法を考えていた。

大阪に帰る途中に丸熊陶業に立ち寄り、久しぶりに照子に再会する。
喜美子が大阪を引き払ったら、丸熊陶業で働くと常治と照子の父が話をつけていたと知る。
荒木荘では常治から喜美子は帰らない内容の電報が届き、荷物を一まとめしていると喜美子が帰って来る。


「スカーレット」第33話 詳細ネタバレ

川原家では母親の薬代が払えなくて百合子を送り込んでツケにしてもらっている事実を知る。そして直子から父親がオート三輪車を買って借金してしまい足をくじいて仕事ができなくなり飲み歩いてその飲み代のツケも溜まって借金が膨れ上がったと話す。そして、貴美子はツケがどのくらい溜まっているか確認すると細かい金額で笑ってしまう。大体の金額がわかり貴美子は仕送りの金額を増やすという。母親から父親が貴美子のために丸熊陶業で働けないか掛け合ってくれていたことを知る。大阪に帰る前に丸熊陶業によって本当に働けるか確認しようとしていると照子に偶然会う。久々に会った照子は喜びのあまり貴美子に抱きつく。照子は貴美子が丸熊陶業で働くかもしれないことを知っていた。そのことを確認して貴美子は大阪に戻る。荒木荘では貴美子が帰らないと言う電報が届いていた。荷物を明日送ろうと話し合っていると貴美子が帰ってきて荒木荘の住民たちは喜ぶ。

スカーレット第33話の考察&感想

川原家の借金は溜まりに溜まっていた。借金を計算し笑うしか無いと笑っていた喜美子はいつでも前向きですごい。マツも一緒に笑っていたが、マツに対しては笑っている場合ではないだろうと思ってしまった。そして、喜美子は信楽に戻ってくることを決意したようだった。喜美子は家族のためにまた自分を犠牲にするのだと残念に思った。また、丸熊陶業の雑用募集の紙を発見して、喜美子に相談もせず突っ走った常治はおかしいと思った。常時はお金のためだけではなく、喜美子に戻ってきてほしいんだとマツは言っていたが、そんなことを感動さながらに話すマツにも疑問を持った。こんなことになる前に常治を止めるのも妻の役目ではないのだろうか。両親共に頼りなくて苛立った。


評価…★★★★★(5)がMAX

スカーレット第33話(ネタバレ含む)感想 1

30代男性
父親が借金を作っていたとわかり貴美子はとても腹が立ったと思います。ですが金額を見て爆笑していましたからなんとかなる金額だったのでしょう。また貴美子は信楽に戻ってくるのでしょうか。丸熊陶業で働けると言う話があるみたいですが貴美子は荒木荘を見捨てて帰ってしまうとは思えません。それに学校にも通うと言う目標があるのでなんとか父親を説得させると思います。なので丸熊陶業は断って大阪に留まり学校に通って絵の勉強をすると思います。あと気になったのはちや子さんがどうしているかです。まだ荒木荘に帰ってきていなかったようなのでとても心配です。はやく貴美子と再会して色々な報告をしあって欲しいです。大阪に留まるためには父親を説得させることが第一なのでちや子さんに弁護して貰えばなんとかなると思います。

スカーレット第33話(ネタバレ含む)感想 2

40代男性
薬の支払いも出来ないなんて、どういうことなの!と思う喜美子も、事情が分かるまでは不安で仕方なかったでしょうが、信楽にずっといた妹の直子や百合子の気持ちはもっと悲惨だっただろうと思いました。
姉は一生懸命働いて仕送りをしてくれるけど、父親はお酒を飲んでお金の支払いをツケてくるばかりで、働きもしなかったら、不安で仕方ないですよね。
それが日常なんですから、直子が常治と目を合わせなかったのも頷けます。
いつも常治がしでかしたあとの尻拭きばかりをさせられる喜美子、、。
今回もどうやら喜美子が後始末をするしかないのかと思うと、とても可哀想に思います。
責任感がない常治をマツはいつも庇ってばかりで怒らないのかが不思議です。
そのせいで、喜美子がいつも可哀想な目にあっているのに何とも思わないのかなぁと感じました。

スカーレット第33話(ネタバレ含む)感想 3

50代女性

約3年大阪で一人で荒木荘で働いていた喜美子、一人前になるまでは帰らないと決めていたことで、直子との微妙な関係があった。
喜美子が病院代を払い、家に戻ってきたのは責任感が強い、多くのツケを知った喜美子が明るく笑うシ-ンに、さすが長女の喜美子の姿に頼りがいを感じた。

本音を喜美子に言えない常治、マツの病気を機に喜美子を呼び戻したものだと思っていた。
もっと素直に話すことがいいのだが、心配させないような思いもあったのでしょう。
丸熊陶業で働く夢を見ていた喜美子、故郷信楽に帰ってきたことで気持ちも、揺らいだと感じた。

荒木荘に戻った喜美子、春から大学に行く夢か、信楽に戻り丸熊陶業で働くのか、どんな決断をするのか気になる行方である。

スカーレット第33話(ネタバレ含む)感想 4

50代女性
直子に家の事情を聞いた時は喜美子と同じくらい衝撃を受けました。泥棒が入った後の話をしてくれましたが結局泥棒だろうと思われた従業員の二人はあの後姿を見せることはなかったのかなと思いました。従業員も減ったら仕事も大変になるから余計に仕事を張り切って怪我をしてしまったのかもしれません。二人を雇ったから喜美子は大阪に行くことになってと思うと常治がやっていることは全て裏目に出ていて呪われているのではないかと思います。家族の為に頑張りたいと思うなら、せめてお酒を飲むのを辞めてくれれば少しでも借金も減るだろうし、体も健康でいられれば仕事もバリバリできるだろうから、その辺りの考えが変わってくれれば川原家は皆幸せに暮らせるのになと思いました。信楽にいたいと言っていた喜美子の気持ちを尊重しているつもりでも、結局喜美子を縛り付けていて喜美子が可哀想です。喜美子がどのような決断をするのかが気になって楽しみです。

スカーレット第33話・放送前の期待の声

期待度…★★★★★(5)がMAX

50代女性
見どころは戸田恵梨香の高校卒業から働いて社会人になって親に仕送りする所から始まるのでは無いかと思います。
戦後の話なのですが決して裕福では無い家庭に育った恵梨香さんは友達の大島優子さんと共に恋の話や仕事の話など躓く事もあるかもしれませんが
でも前向きで頑張る姿は昭和なんでしょうんね。生きるために必死なんです。生活があるのでその風景が好きです。努力して勝ち取ります。【期待度 ★★★★★(5)】
20代女性
新しく始まった大阪での生活の中で、どのようなハプニングを起こしてくれるのか楽しみにしています。
住み込みを始めた家の人々はみんな個性的で面白そうな人ばかりなので喜美子とのからみがどうなるのか
早く見てみたいです。
当時の大阪の街並みや文化も描いてくれるといいと思います。【期待度 ★★★★★(5)】
30代女性
今のところはまだ大阪で荒木荘で仲居をやっている真っ只中ですが、大久保さんとのなんとも言えないやり取りをこれからもみていきたいです。
まだ15歳でたった1人で大阪で暮らしていく働いていくことに苦労があるところやストッキングの内職がこれからの伏線になることなどにも注目したいです。【期待度 ★★★★★(5)】
30代女性
荒木荘のおもしろおじさんの雄太郎さんが、今後何かをするのではないかと楽しみにしています。現在無職のようですが、明るく、機転もありそうなキャラクターなので、彼がこれから喜美子とどのように関わっていくのか、何かをやらかしてくれるのか期待しています。【期待度 ★★★★★(5)】
30代女性
あっと驚くようなことは出来ないけれど、人に見られない場所で怒りを発散しつつ、きちんとした仕事と笑顔を忘れない喜美子はものすごく逞しく、そして勇気をもらえます。今後もコツコツと人の信頼を勝ち取っていく様子を見るのが楽しみです。毎日懸命に生きていればいいことがある、と教えてもらっているようです。【期待度 ★★★★★(5)】

第33話が放送された「スカーレット」第6週のまとめ記事はこちら

第32話<< | >>第34話