【2019年10月2日(水)放送】スカーレット第3話のネタバレ考察

スカーレット

NHK朝ドラ「スカーレット」第3話(2019年10月2日放送)のネタバレと考察、感想をお伝えします。

前話までの振り返り

スカーレットの第1話では、主人公の喜美子がからかってきた相手の元にほうきを持ってかけつけ、けがを負わせてしまいます。

また、学校に行く途中、たぬきを追いかけてその先で村上ジョージ演じる男と出会うことで学校に遅れていくことになると思います。

しかし、男との出会いは信楽との出会いなど喜美子のこれからの人生に関わるターニングポイントになるのではと思っています。

一方学校では、喜美子がけがを負わせた男の子の女ボス的存在である照子は、初日の学校に遅れてくることも含め、喜美子のことを気にするようになると思います。

大きな窯元の娘で身なりも綺麗な照子は、喜美子とは正反対です。きっと2人は最初衝突し合うと思います。正反対の2人がどう仲良くなっていくのか楽しみです。

スカーレット第3話ネタバレと考察&感想

スカーレット第3話のネタバレ

みんなのように主食を家から持ってくることが出来なくても、補助食の給食に心浮き立つ喜美子。テルコが食べるパンや信作が食べるおにぎりを目をキラキラさせて眺める。

学校から帰って家の手伝いをする喜美子の横で、次女はお芋を頬張りながらも、喜美子が給食を食べてきたことを羨ましそうに言っていると、父親が帰ってきた!

卵やお米を持って帰ってきてくれたことに喜美子は大喜びする。しかし、草間という見知らぬ男も連れて来ていたのだ!

草間はどうやら戦争が終わったものの心に傷をおったらしく、覇気がなくまるで言葉を発しない。夕食の時間になりみんなで食卓を囲むのだが、次女は自分のお茶碗によそわれたお粥が少ないと文句を言う。

喜美子は次女に自分のお粥を少し分けてやるのだった。気遣う母親に喜美子は「給食食べてきたからええ。」と言うのだった。


「スカーレット」第3話 詳細ネタバレ

喜美子は学校で給食費を払って無いので何も食べられずに友達の食べているのを見ている。家では洗濯の仕方を妹に教えるが妹は芋を食べながらそんなの興味がないと言う。

父が大阪から帰って来た。喜美子は米や卵に興奮して嬉しそうだ。妹の直子は父が連れて来た草間を見ている。

夕食には喜美子がお粥を配るが草間の茶碗に少ししか入れないと父は目で合図し喜美子は仕方なくお粥を茶碗に入れる。

妹は少ないと文句を言うと喜美子は妹に自分の粥を少し分けてやる。

食卓では草間の話しになり東京弁に喜美子はどこの国の人かと言う。草間は大学を出て満州にいたので間違いではない、君は賢いなと言った。

次の日喜美子は学校で信作に君は賢いと言わせるが違うとダメ出しをする。照子は友達は要らないと言ったのにと言うと喜美子は喜美子は友達じゃないと言い走って行った。

父は照子の家で働き始めた。喜美子が帰ると母は給食費が払えないと言う。草間が増えたからだ。喜美子はそれだけはダメだ、草間に早く元気になって出て行ってもらわないとと言う。


初めての給食に心踊る喜美子をみて、いかに喜美子の家が貧しいかが見てとれる回でした。

そんな貧しい家庭なのに、喜美子の父親・常治は戦争で心を痛めた草間を家に呼んでやるなんて、心が広いのか、はたまた何も考えていないのか、、。

喜美子がしっかりしていくのも、なんとなく頷けます。

親がぼんやりしていると子供はしっかりしなければ!と反教師として頑張りますからね。

家族を助けようと言うよりも、母親や妹たちを助けようと思っているのかも知れないなぁと思いました。

草間が増えたせいで、給食費を払えないかも知れないと知った喜美子が、給食費をこれからも食べたいがために、草間に早く元気になってもらい、出ていってもらおうと画策しようとしているようで、何をしでかすのか次回が楽しみです!

別の人が書いたネタバレも読む

評価…★★★★★(5)がMAX

40代女性
お人よしな川原家の父、常治が連れてきた物静かで謎めいた青年、草間。

貧しい川原家だが草間のために卵入りのおかゆをたくさんよそうように目で合図する常治。

自分もたくさん欲しいけれど「給食を食べたから。」と草間に気を遣う喜美子だった。

「日本人じゃないみたい。」という喜美子の言葉にほおが緩む草間。

自分が東京生まれで大学は関西の大学に通っていたこと、叔父に誘われて満州鉄道で働いていたこと、そして最近満州から引き揚げてきたばかりであることを打ち明けた。

関西なまりのない「君は鋭いね。」という草間の言葉に舞い上がる喜美子だった。常治も火鉢を運搬する仕事を見つけたが、川原家の家計は依然として苦しかった。

このままでは給食費が払えないと母に言われ、早く草間に出て行ってもらおうと思い、出かけた草間の後を追う喜美子だった。【評価 ★★★★(4)】

スカーレット第3話の考察&感想

心の病気を抱えた草間は、きみ子の可愛い質問のおかげで経歴や戦後の様子が分かり辛い気持ちを明るくできる子供なんだと思いました。

給食の際にお米をみんなのように持参できない事や字を読めなかったことにも全く動じず、友達を作らなくてもなんとなく周りが寄ってきていつも話し相手のいるきみ子は、周りの空気を変える強い子だということが分かりした。

きみ子の父の新しい勤め先が、てる子の父の会社だったことから、子供達2人の関係は良い方に向かっていく気がするが、仲良くなる前に何か問題を起こしそうなてる子を予想しています。

友達はいらないと断られたことを理由に、父親に告げ口をし、辛い目に合わせたり仕事を辞めさせられたりすることが怖い。

しかしきみ子や父は自我が強くそんな弱いものいじめに負ける親子ではないと思うので、上手く付き合っていく。


スカーレット第3話(ネタバレ含む)感想 1

評価…★★★★★(5)がMAX

20代女性
喜美子たちの給食にとてもびっくりしました。こんなに少ない食事でもあんなに嬉しそうに食べるなんて、よっぽど私生活でご飯が食べられていないんだろうなと胸が痛かったです。一方で照子は美味しそうなパンを食べていたし、家庭間の格差がものすごかったんだろうなと感じました。また、家がかなり貧しい中で、いくら困っていたとはいえ、草間さんを連れて帰ってくるお父さんにはちょっと腹が立ちました。まずは自分の子供たちのことを考えてもいいんじゃないかなと思いました。だけど、草間に「君は勘が鋭いね」と言われてかなり笑顔になった喜美子が可愛すぎました。恋でもしたのかなと思ったけど、給食費のために草間さんを追い出したいようなので違うのかなと感じました。どんな作戦を立てるのかが楽しみです。【評価 ★★★★★(5)】

スカーレット第3話(ネタバレ含む)感想 2

40代女性
今日のテーマは、貧乏だったと思います。喜美子のおかずだけの給食に家庭から持っていく主食がなかったり、母は給食費をタダだと思っていて、「このままじゃ給食費が払えない。他にも食べてない子いるんでしょ」と、暗に、食べられなくても我慢しなさいと言い放っていました。直子が「おかゆが少ない」とワガママを言っても、両親は少しも咎めることもせず、喜美子が分けてあげるのを見て、「いいの?」と聞きつつ、完全に甘えている様子が昔はこうやって長男長女が我慢強くなったのね、と感じました。こんな家が当たり前だったのかもしれませんが、子供を3人持つ親として、一番上の子ばかり我慢させてかわいそうと、正直イライラしてしまいました。【評価 ★★(2)】

スカーレット第3話(ネタバレ含む)感想 3

30代男性
喜美子はとても妹思いで働き者で偉いなと思いました。学校から帰って洗濯板で洗濯をしたり妹におかゆを分けてあげたりとてもいいおねえちゃんですね。草間さんがみんなで夕飯を共にしている時一口食べて箸を置いてしまいましたが、あれは多分、自分のために大切なお米を分けてもらっているのが申し訳なくなってしまって、ガツガツ食べるのを躊躇ってしまったのでしょう。草間さんは喜美子から日本人じゃないでしょと言われて身の上話を始めるところは誠実さがすごく伝わってきました。その後、喜美子に鋭いねと言って喜ぶ喜美子がとても可愛らしかったです。母親から給食費が払えないと聞かされた喜美子がどんな行動に出るのかこれから楽しみです。【評価 ★★★(3)】

スカーレット第3話(ネタバレ含む)感想 4

50代男性
喜美子の小学校は、週に2階給食が出ていたことにびっくりしました。私の時代は、給食などという言葉は中学校になっても出てこない言葉でした。同じ世代に生まれてもこんなに世界が違っていたことを思い知らされました。ところで、喜美子のお父さんの、何ともお人好しなところが不思議で成りりません。自分の家が食うのに苦労しているのに、見ず知らずの人間を同居させてしまう、お人好しに興味がわいてきます、ところで居候になる草間さんは、大学を出ているとのこと、当時大学を卒業できたた人は、相当の頭の良い人間か、家が裕福な人達しかできないことです。その証拠にお父さんが胡坐をかいていたが、大学の卒業を聞いて膝をつきなおしたのが印象的です。喜美子と草間の、給食をめぐるたたきの展開に興味がわいてきました。【評価 ★★★★★(5)】

スカーレット第3話・放送前の期待の声

期待度…★★★★★(5)がMAX

30代女性
“朝ドラ史上一番貧しい主人公とあり、どのようにその貧しさを笑いに変えて、勇気を与えてくれるドラマになるのか期待が膨らみます。
日本で初めて女性陶芸家となった方の物語で、窯を使うだけに熱い物語になりそうで、楽しみです。”【期待度 ★★★★★(5)】
30代女性
神戸出身の戸田恵梨香が主演ということで、滋賀県が舞台のドラマなので期待しています。やはり関西圏出身の人の方が、関西弁のセリフのイントネーションはスッキリ耳に入ってくるからです。NHKの朝ドラは幼少期から中高年期までを描いているので、恋愛模様や人間関係がどうなるのかも楽しみです。【期待度 ★★★★★(5)】
30代女性
“滋賀県にすんでいます。テーマが陶芸ということで信楽でも撮影をしているという情報も入ってきています。滋賀県民としては、これを機に滋賀の良いところが広まればいいなと思っています。
また、戸田恵梨香さんや北村一輝さん、富田靖子さんなどのベテラン勢や、林遣都さんや溝端淳平さんなどの若手俳優といいキャストがそろっているので、内容的にもとても楽しみにしています。”【期待度 ★★★★★(5)】
30代女性
川原喜美子。絵が得意で元気いっぱいの女の子がどのように成長し、どんな人生を歩むのか。好きな男性と結ばれ、子どもを授かるという、いわゆる「女の幸せ」と言われる人生のなかで男社会の陶芸の世界に飛び込む。そんな情熱と行動力のある彼女が困難に直面した時、どのように道を切り開いて行くのかが楽しみ。【期待度 ★★★★★(5)】
20代女性
朝ドラ全般に言えることですが、第1週は主人公の子供時代を描いていることが多いと思います。戦後すぐということでおそらく一筋縄ではいかない展開が待っているのでしょう。川島夕空さん、やくわなつみさんの初々しい演技を楽しみにしています。【期待度 ★★★★★(5)】
20代女性
私は滋賀県在住のため、今回の朝ドラはとても期待しています。戸田恵梨香も神戸出身で地元も同じ、実際に関西弁も喋っているので安心してみられると思います。また、カーネーションのスタッフでの作製と聞き、カーネーションを観ていたのできっと作り手も丁寧だと思います。信楽焼という話の展開が難しいかと思いますがきっと作り手面白くみさせていただけると思います。【期待度 ★★★★★(5)】

第3話が放送された「スカーレット」第1週のまとめ記事はこちら

第2話<< | >>第4話