【2019年10月21日(月曜)放送】スカーレット第19話のネタバレ考察

スカーレット

NHK朝ドラ「スカーレット」第19話(2019年10月21日放送)のネタバレと考察、感想をお伝えします。

前話の振り返り

大阪で女中として働いて1カ月が過ぎ、仕事に慣れてきた喜美子(戸田恵梨香)の初めての給料日ですが、期待していたよりも少ない給料にがっかりしてしまう喜美子である。元女中の大久保に一人前と認められなければ見習い扱いだという。喜美子は日中働いていて、夜な夜な内職を続けているが次第に寝不足になり、怒りが爆発してしまう。そのため苛立ちが募るようになり終いには枕を投げ飛ばしてストレス発散をしているのである。そんなある日、新聞記者のちや子の取材の手伝いをするため、下着ショーに行くことになる。女中のお仕事を休んで、オシャレをして出かけると立ち寄ったちや子の職場で予想外の出来事があるのですが、迎えたショーで本番で何かが起こるのである。

スカーレット第19話ネタバレと考察&感想

スカーレット第19話のネタバレ

喜美子が大阪で働き始めて1カ月たった。そんな中、喜美子がもらった初任給は少ない物だった。そんな喜美子にちや子の働いている新聞社から今の給料の5倍で引き抜きの話が出る。喜美子はその話を受けると即決するが、ちや子からよく考えるように説得される。普段一生懸命やっていたことが認められたということで喜美子は喜ぶ。浮かれ足で荒木荘に戻ると、大久保から縫い目の荒いストッキングのやり直しを命じられる。そこに圭介が現れ、大久保が作ってくれていたおにぎりを喜美子に渡す。喜美子はそのおにぎりを見て考え込み、荒木荘を辞めようかと思っていることを圭介にも伝える。圭介は反対のようだ。そこで、裕次郎が新聞社での体験を提案する。裕次郎の演技により時間を得た喜美子は新聞社に出向く。そして、ちや子が怒号の飛び交う中、男と渡り合って働いているのを目の当たりする。ちや子の働きぶりに驚く喜美子であった。


「スカーレット」第19話 詳細ネタバレ

ちや子の勤めている新聞社から引き抜きの話が来た喜美子、お給料が今の5倍と言う魅力的な話だ。引き抜きの話を受けようとする喜美子だが、慎重に考えるように促すちや子。しかし、今の生活が楽しみが少ないことに同情し、会社にいろいろ条件を提示して話してくれることになった。荒木荘にもどった喜美子はご機嫌だ。しかし、大久保のやさしさに気づき心が揺れる。圭介や荒木荘の住人にも相談するが、圭介は反対する。その後、雄太郎がお腹が痛いと仮病を使い病院にいくと噓をついて、まんまと大久保を出し抜いて、荒木荘を数時間だけ抜け出し試しに新聞社で働いてみることに成功する。早速、新聞社に来てみたがバタバタしている新聞社での仕事に圧倒される。

スカーレット第19話の考察&感想

喜美子の頑張りが認められて好条件でヘッドハンティングされたのは素直に嬉しかったです。これまでの苦労は無駄じゃないと証明された気がしました。しかし、荒木荘を辞めたら今のように個性豊かな同居人も居なくなってしまうし、頭を下げてくれた父親にも悪いと思います。何より今まで指導してくれた大久保さんを裏切ることになるのではないでしょうか。ストッキングの内職もきっと何か意味があるはずです。給料が少ない喜美子の為に内職をさせてお金を稼がせてやろうという優しさだと信じています。ヘッドハンティングの話を聞いた日に、お腹が空くだろうとおにぎりを作ってくれていた大久保さんの気遣いに喜美子が踏みとどまってくれればと思います。


評価…★★★★★(5)がMAX

スカーレット第19話(ネタバレ含む)感想 1

30代男性
貴美子が仕事を変えて新聞社で働くことをすぐに決断しようとしてしまいますが、これは多分給料の少なさからだと思いました。見習いとはいえ千円はあまりにも少ないと思いました。貴美子が仕事を変えたいと思う気持ちも当然です。ですが大久保さんになんと言うのでしょうか。あれだけ頼み込んで働かせてくれることなったのであっさり辞めると言うのもなんだか貴美子が嫌な感じになってしまいそうです。ですが給料のことを考えると仕送りもありますからやっぱり言うしかないような気がします。その時の大久保さんがなんと言うのか気になります。貴美子の父親もきっと賛成してくれて後押ししてくれそうですからなんとかなると思います。この先の展開がとても気になります。今日も面白かったです。【評価 ★★★★★(5)】
50代男性
喜美子の給料がたった千円だったので、元女中の大久保さんに当たる気持ちは分からなくもありませんが、その後、休みを貰って前から予定していた下着ショーを見に行く時に、荒木荘の住人で新聞記者のちや子と一緒に新聞社に行き、そこにいた数人の記者達の湯飲み茶碗を頼まれもせずに洗ってあげたのは、普段から大久保さんにはもっと細かい事で注意されていたからこその事だと思います。結果論ですが、大久保さんに厳しく鍛えられた結果、喜美子をして細かい心遣いが出来る女性へと変化させていたのだと思います。その結果、給料を5倍も出してくれるちや子の会社に雇われる事になったのでしょう。平凡な言葉ですが、「若いときの苦労は買ってでもせよ」を地で行った感じです。それと、新聞社の人が信楽焼の欠片を喜美子が見せたら、その価値を大学の先生に見て貰ってあげようと言っていましたが、今までの話の流れからして、単なる欠片ではなくて、ある意味彼女の生き方を変える程の凄く価値のある物だとその先生に判断されると思います。【評価 ★★★★★(5)】
20代男性
大卒のお給料がたったの千円しかもらえないという時代は本当に過酷な時代なんだなと感じました。千円で働けという立場は私にとっては本当に苦しくてすぐにでもやめてしまいたくなるような場所だなと感じました。それに加えてストッキングの補修はまだできないのかと何度も注意されておりました。あのおばあちゃんは本当に厳しい人であり優しい場面が出ていないので余計にそう見えるのだと思いました。色々あって下着ショーに一緒に行くようになったんだがその日は休みをもらっていたのでブラック企業とは違って希望した休みはしっかりと撮ることのできる環境下にあるんだなと感じました。最後にはきみちゃんがお手伝いをしただけなのに、新聞記者の事務所に引き抜かれる可能性があるということには大変驚きました。【評価 ★★★★★(5)】
40代女性
大阪で働いている喜美子から信楽に給料が届いた。しかし、大久保がいるのでまだまだ千円。枕を大久保に見立て寝技をかける喜美子の気持ちがよくわかります。「あの人さえいなければ、私の給料は上がるのに、早く出ていけ!」と思いますよね。忙しいちや子に給料から口紅を買って元気になってもらおうとしていた喜美子、優しいですね。本当にいい子です。下着ショーに行くためにちや子と一緒に出版社に立ち寄る。にぎやかな会社に驚く喜美子だった。ここでもお茶碗を洗うなどよく気遣いができます。いよいよ下着ショーが始まりました。きれいなモデルさん達にうっとりする喜美子、途中で立ち寄った喫茶店で歌を歌っている雄太郎に遭遇。こんなところで働いていたんですね。しかもちょっと変装していて笑えます。出版社での気遣いが目に留まり、引き抜きの話が来た喜美子。給料が5倍になるという素敵な話です。さて、どうするのでしょうか?次回が楽しみです。【評価 ★★★★★(5)】

スカーレット第19話・放送前の期待の声

期待度…★★★★★(5)がMAX

30代女性
今は、きみちゃんの転職が気になっています。でも大久保さん以来のストッキング修理が何の意味があってさせているのかが気になります。大久保さんは厳しいけど心の底は優しい人と思うのでなんらか喜美ちゃんの為にやっていることではないかと期待している。転職も賛成・反対と周りの意見があって悩むところでしょうが、このまま荒木荘に残って頑張ってほしいと思っている。【期待度 ★★★★★(5)】
40代女性
最初の週はまだなつぞらを引きずっていてあまり内容が入って来なかったのと、どうしても比較してしまいましたが、毎日同じ時間に観ているとだんだんおもしろくなってきてついつい見てしまいます。大阪編がスタートして、戸田恵梨香さんの周りに水野美紀さんや溝端淳平さん、羽野晶紀さんなど個性的なキャストに囲まれていますが戸田恵梨香さんの演技がナチュラルで見ていて安心します。今後は大阪制作ということで吉本興業の芸人さんも出て来はじめていますので、誰が出て来るのかも楽しみの一つになってます。【期待度 ★★★★★(5)】
40代女性
スカーレットにおいて父親は特別な存在として描かれています。確かにだらしない一面のある父親ではありますが、今後喜美子が作成していく信楽焼に対してどんな良い影響を与えていくのか、今から非常に興味があります。【期待度 ★★★★★(5)】
40代男性
これから個性的なキャラクターが登場するのではないかと期待しています。特にミュージシャンである西川さんが、戸田恵梨香が演じている喜美子にどのような影響を与えていくのか、私としては今から非常に興味があります。【期待度 ★★★★★(5)】
”30代女性”

第19話が放送された「スカーレット」第4週のまとめ記事はこちら

第18話<< | >>第20話