【2019年10月12日(金曜)放送】スカーレット第12話のネタバレ考察

スカーレット

NHK朝ドラ「スカーレット」第12話(2019年10月12日放送)のネタバレと考察、感想をお伝えします。

前話の振り返り

きみ子は15歳になった。中学卒業後、進学をせず、てる子の丸熊で働く予定だった。職場に挨拶をする為に丸熊を訪ねたが、女の人には厳しいからと働くことを断られてしまった。信楽は1位を争う会社であった。これから他の会社を探すのは難しく既に2月。きみ子は家に帰ると父が2人の男を雇うと言っていた。給料を払いの厳しくなるのではと問われるが、娘が丸熊に勤める為問題ないと答える父を見て、貴美子は働かなくなった事を言い出さずにいた。周りが就職祝いで盛り上がる中、きみ子は泣き出してしまい、父は別の人から丸熊の話が無くなったことを聞いてしまった。父はその後家に数日帰って来なかった。てる子は丸熊で働けらように説得するから待っててときみ子に伝える。それから数日後、父が帰ってきた。きみ子の就職先を見つけてきた。それは大阪の会社だった為家を出ることになってしまった。

スカーレット第12話ネタバレと考察&感想

スカーレット第12話のネタバレ

常治は働き口を見つけ、喜美子は春から大阪で働くことになる。
社長は常次の従妹であると明かす。
担任の先生が喜美子の家を尋ね、喜美子の絵が金賞をとり、上の学校に行くように促すが、常治は女子には学問は必要ないと語る。

照子は夢を諦め、丸熊陶業を継ぐことになり、照子は自分を倒したら大阪に行ってもいいと二人は格闘して喜美子が勝利する。
喜美子のいない信楽はつまらない、大阪に行ったら一生許せないと嘆く。

喜美子お風呂を焚き、常次がお風呂に入りタヌキの話となり、もうよそ者ではなく、信楽の子、信楽が好きで大阪には行きたくない、みんなとここで暮らしたいと泣いてしまう。
それから常治から聞いた道を喜美子は歩き、夕焼けの景色を目に焼き付け大阪に行く決意をする。


「スカーレット」第12話 詳細ネタバレ

常治から大阪で働くよう告げられ承諾する喜美子。父の従姉妹の女社長の会社だそうだ。翌日、喜美子の担任の先生が進学を勧めに訪ねてきた。絵で金賞をとったこと、成績優秀なことを両親に伝える。進学応援の制度も紹介する。しかし、常治は働かないとやっていけないこと。それを喜美子自身がよく分かっていると断る。そうして、中学卒業の日を迎える。照子は大阪に行くなら自分を倒してから行くよう喜美子を挑発する。柔道で決着をつけようと道場に来た2人。喜美子が照子を投げとばすものの、照子は諦めない。再度説得を試みる。その夜、喜美子は信楽に残りたい気持ちを泣きながら必死に訴えるが、常治の考えは変わらない。翌日、夕日を見に行く喜美子。そこで見つけた焼き物のかけらを旅のお供に持ち帰る。

スカーレット第12話の考察&感想

絵だけでなく、子供の頃を考えたら数年経って勉強も得意になって、がんばり屋さんだなと感心しました。。本当はいい教育を受けさせてあげたいなと思いました。でもそれができず働くしか無かったこそ、陶芸家の道に行くのだからいいのかもしれません。戸田恵梨香ちゃんは女らしいイメージがあるのですが、このドラマでは不思議と体格までガッシリと大きく見えます。照子ちゃんは自分は性格悪いって言ってましたが、優しい子くていい子だから素直になれば、いくらでも友達できると思います。喜美子は自分のこと後回しで周りの事ばかり優先してきたので、お風呂を沸かしながら感情があふれて切なかったです。お父ちゃんもそれを受け止めた姿が、やっぱりお父ちゃんだなと感じました。


評価…★★★★★(5)がMAX

スカーレット第12話(ネタバレ含む)感想 1

30代女性
大阪で就職することに文句の一つも言わずに承諾する喜美子。本当は信楽に残りたいのに気丈に振る舞う姿は見ていて痛々しかった。照子が喜美子の大阪行きを止めようと必死に説得する様は見ていて心打たれた。照子からの説得もあり、やっと自分の本当の気持ちを伝えて号泣する喜美子が可哀想で仕方がなかった。それでも、父の考えは変わらなかった。家計の事情から仕方が無いのかもしれないが、もう少し喜美子のことを考えてやって欲しいと怒りを覚えた。他所の子供を雇うより、自分の子供を幸せにしてやれ!と思ってしまった。お祝いのシャツとブラウスを渡しにきた陽子とそれを受け取ったマツが互いに泣いていた場面も心に残った。喜美子がみんなに愛されていることが分かった。

スカーレット第12話(ネタバレ含む)感想 2

20代女性
きみ子は大阪のいとこの所で働かされることになった。決まったものの、学校の先生は美術で金賞を取り成績も優秀で真面目なのでお金を免除し高校に行かせることもできると父に伝えるが、父は金がない為娘を働かせるしかないと言い断ってしまう。卒業式、てる子はきみ子に大阪にいくことを許さないと言い柔道対決するのであった。てる子は夢を諦め会社を継ぐことが決まっており、信楽から出ることは出来ないのであった。柔道対決はきみ子が勝ち、てる子はきみ子がいない人生は嫌だと、性格が悪いから友達が出来ないと駄々をこね泣くのであった。きみ子は笑顔で乗り切るが家に帰り父に大阪には行きたくないと泣きつくが、父は受け入れてくれなかった。

スカーレット第12話(ネタバレ含む)感想 3

30代女性
先生が喜美子を訪ねてきたシーンが印象的でした。絵も上手で勉強もできるから、タダで高校に進学出来るかもと言われたとき、喜美子も少しは期待したのでしょうか。貧しいから働く道以外ないと父親に言われた時、どんなに悲しかっただろうと見ていて苦しくなりました。喜美子が大阪に行くのが寂しくて泣きじゃくる照子に、2人がこれまでに築いてきた友情を見ました。あんまり何も言わないけど、つまらなそうにしている信作を演じる林遣都が可愛くて良かったです。照子の涙を受けてか、父親に初めて「大阪に行きたくない」と言った喜美子。いつも家族のことを考えて我慢ばかりしてきた喜美子の精一杯の叫びでした。結局信楽に残ることは許されなかったけど、娘の願いを叶えてやれない父親のつらさも表情ににじみ出ていて切ない場面でした。

スカーレット第12話・放送前の期待の声

期待度…★★★★★(5)がMAX

30代女性
戸田恵梨香さんは普段は標準語で話したり、台詞を言うことがほとんどですが、このスカーレットでは大阪出身の役を演じられていて、いつもはなかなか聞くことのできない戸田さんのナチュラルな関西弁が聞くことができます。
また、大島優子さんが主人公の親友役として出演します。信楽出身役なので、上手く関西弁を話せるのか!?そこも気になるところだと思います。【期待度 ★★★★★(5)】
20代女性
主人公の就職先が決まってよかったなぁと思っていたら、よくわからないオバハンは出てくるわよくわからん住人も出てくるわで今後が不安でしょうがないです。そんな逆境の中うまいこと生きていく主人公の姿を楽しみにしています。【期待度 ★★★★★(5)】
30代女性
陶器に少し興味があり、どのような焼き物を作るのか非常に興味があります。また、照子が、どのように、人生に関わってくるのか楽しみです。常治が、また、何をやって困らせるのか?それをどう乗りきるのかハラハラドキドキで期待しています。【期待度 ★★★★★(5)】
50代女性
大阪へ就職するのだが、「あんたには無理、信楽へ帰り」っていわれておそらく帰るのだと思います。やがて陶芸家になるのだろうということはなんとなくわかっているので、いい風に展開しないかなあと期待してしまいます。【期待度 ★★★★★(5)】
30代男性
就職の際に相手方のトラブルでつまずいてしまうと言うような少しリアルに近いようなトラブルも発生していたので、これからもフィクションでは無いリアリティーのあるドラマの制作を続けていって欲しいと考えています。そして戸田恵梨香さんと大島優子さんの2人の演技はとても好きなのでこれからもたくさん出演してほしいです。そして草間さんがどこかで出てくることを祈っています。【期待度 ★★★★★(5)】

第12話が放送された「スカーレット」第2週のまとめ記事はこちら

第10話<< | >>第13話