【2019年9月30日(月)放送】スカーレット第1話のネタバレ考察

スカーレット

いよいよ放送がスタートした2019年度後期NHK朝ドラ「スカーレット」の第1話のネタバレと考察、そして視聴者の感想をこの記事ではご紹介していきます。

第1話の評価で今後半年間の朝ドラの評価が決すると言っても過言ではないくらい第1話は重要ですので、欠かさずにネタバレと評価をチェックしましょう!

スカーレット第1話ネタバレと考察&感想

スカーレット第1話のネタバレ

舞台は昭和22年の滋賀県信楽(しがらき)。信楽焼きで有名なこの地に、9歳の川原喜美子(かわはらきみこ・戸田恵梨香)とその一家が引っ越してくるところから物語は始まります。

喜美子が元々いたのは大阪。近隣の県とはいえ、信楽の町は9歳の喜美子にとっては別世界でした。もっとも驚いたのが琵琶湖の大きさ。

お土産として有名な信楽のタヌキにも、喜美子は初めて見る喜びを感じます。

しかしおてんばで明るい性格の喜美子は、引っ越してきたばかりの信楽でいきなり騒動を巻き起こします。

ちょっかいを出してきた男子と大げんかを始めるのです。

さらには喜美子の父である常治(じょうじ・北村一輝)も巻き込んだ大騒動に発展していきます。


「スカーレット」第1話 詳細ネタバレ

昭和22年戦争も終わり、川原一家は大きな日本一の琵琶湖の町に辿り着きます。川原家は喜美子に父常治、母マツ、妹二人の5人家族である。

サクラの咲く季節に、空襲で何もかも失い商売も失敗して、父の知り合いを頼って滋賀県信楽にやってくる。

妹の面倒を見ていた喜美子は.田舎の男の子たちと出会いくそたれと連呼され、ほうきを持って仕返しに行き、額に傷をつけて帰ってくる。

その様子を見ていた大野信作から事情を聞いた常次治は、相手側に文句言いに行くと、少年の怪我だらけの姿があり、喜美子はきつく父から叱られる。

常治は家族思いで、マツは優しく家族の幸せを感じる一時を過ごした。

喜美子は置物のタヌキに挨拶をして、本物のタヌキを見かけ追いかける行くと、一人の人物に出会うことになる。

スカーレット第1話の考察&感想

戸田恵梨香が朝ドラ主演に抜擢されたのは、彼女の女優としての実力が認められてのことだろう。

NHK朝ドラでヒロインになるのは彗星のごとき全くの新人か、世間的にも名を知られた売れっ子女優のどちらかが多い。

戸田は無論後者に当たるわけだがNHKの朝ドラ制作チームとしては、前作の「なつぞら」主演の広瀬すずに続き再び人気女優を起用したことになる。

これはやはり視聴率を取りに行くという意図があるかと思われる。現代を舞台にした朝ドラが減少傾向にあるのも同様の理由か。

視聴者層が高齢化しているので、今後もその層をターゲットにした番組制作は続くものと思われる。


評価…★★★★★(5)がMAX

スカーレット第1話(ネタバレ含む)感想 1

50代男性
思っていたよりも(第二次世界大戦目から始める)終戦2年目の時代背景から始まったので、これはこれで面白い設定だと感じました。特に、貧しいながらも一課4人が軍隊時代の知人をたよって、滋賀までリヤカーで引っ越し物を運んできた姿には、懐かしさを感じました。主人公の長女は、だいぶ気性の激しい正確なようで、どの様な破天荒なことをしでかすか?今後楽しみです【評価 ★★★★★(5)】

スカーレット第1話(ネタバレ含む)感想 2

30代女性
喜美子がガキ大将に「くそったれ。」と、言われてやり返しに行って軽い怪我をした喜美子に対して、ガキ大将の方が大ケガたったところが面白かったです。喜美子とガキ大将の子がこれからどのように絡んでくるのか楽しみです。【評価 ★★★★★(5)】

スカーレット第1話(ネタバレ含む)感想 3

50代女性
主人公の喜美子の一家は戦後の移住者です。そのため、よそ者だといじめられることもあるようですが、勝気な喜美子の性格ならば大丈夫だと思いました。かなり気性の激しい女性のような気がしますが、だからこそ女性陶芸家になれたのだと思いました。しばらく子供時代の様子が描かれると思いますが、新たな朝ドラがどんな内容なのかを観ていきたいと思います。とにかく元気いっぱいの女の子の物語と言った感じがしました。最後に登場した男性が誰なのか気になりますが、この人が今後の何かに影響を与えるのでしょう。もしかしたら泥棒とか悪い人なのかもしれません。また、喜美子の友人たちがどんな子供たちなのかも今後気になるところで、とても楽しみにしています。【評価 ★★★★★(5)】

スカーレット第1話(ネタバレ含む)感想 4

40代女性
ヒロイン・喜美子の、気の強いイメージは伝わってきたのですが、戦後の日本にしては、のどかでファンタジーなイメージに拍子抜けしてしまいました。大阪時代の暮らしが出てこなかったので、父・常治の借金から夜逃げするような不安定さがまだ見えてこないのですが、戦地で後輩を助けて、その恩で今世話してもらっているという設定には、古き良き日本の情を感じ、ホッコリしました。逆に男の子を放棄で追い回した喜美子の方は戦後の女性の強さを体現しているようでした。しばらく小学校のシーンが続きそうですが、子供たちの中でも照子役の子役・横溝菜帆は「義母と娘のブルース」の好演が思い出されるので、地元の男の子たちを従えている様子に今後が楽しみです。【評価 ★★★★★(5)】

スカーレット第1話(ネタバレ含む)感想 5

40代女性
時代は戦後まもなくで、主人公・川原喜美子の父親は商売をしていたものの上手く行かずに借金を作り、知り合いのいる信楽で、家族みんなが世話になるところから始まりました。よそ者扱いを、喜美子がその土地のガキ大将に受けて、喧嘩を仕返しにいくところ、もう負けん気の強さが出ているなぁと感じました。やはりこれから陶芸の男社会のなかで女性の草分け的存在になる気質は、子供の頃からあったようですね。喧嘩は喜美子のほうがガキ大将よりも強かったというところも、クスッと笑わせられます。次女が夜中に空襲の恐ろしさを思い出して、泣いてしまうシーンは、戦後まもなくという時代背景をよく現していますし、どれだけ子供たちにも深い闇を作ったのかもはかり知れました。これから喜美子がどのように陶芸家として成長していくのか、とても楽しみです。【評価 ★★★★★(5)】

スカーレット第1話(ネタバレ含む)感想 6

30代女性
新しい生活をするために信楽に行く途中、琵琶湖の景色がとても綺麗でした。お父さんが琵琶湖を海と言って無邪気に子供たちと一緒に楽しそうに過ごすところが良かったです。喜美子達の新しい生活がどんな風になっていくのか楽しみです。【評価 ★★★★★(5)】

スカーレット第1話(ネタバレ含む)感想 7

30代女性
おもしろかったです!貴美子のキャラクターもインパクトがあったし、父も貴美子に負けず劣らずのインパクトで、これから貴美子がどう成長していくのか楽しみです!三姉妹の長女ということもあり、私も母親として、子育ての仕方も気になるところです。【評価 ★★★★★(5)】

スカーレット第1話・放送前の期待の声

期待度…★★★★★(5)がMAX

30代女性
同級生役の林遣都さんの鼻に新聞紙を詰めて、その横でお腹を抱えてゲラゲラ笑っている戸田恵梨香さんは、素のイタズラ好きな戸田恵梨香さんが出ているようで、ドラマの中で、こんなシーンが何度も見られるのだろうと思うと楽しみです。【期待度 ★★★★★(5)】
30代女性
半年間、続く朝ドラらしく豪華な俳優さんたちが揃っていて、目が離せなくなりそうだなと思います。戸田恵梨香さんが、自分の夢にまっすぐ向かっていく姿を見て、私も毎日を頑張っていきたいなと思わせてくれるようなドラマになるだろうと思います。【期待度 ★★★★★(5)】
50代女性
主役をやる戸田恵梨香さんの映画は「デスノートlight up the NEW world」しか見たことがないのであまり知らないのですが、父親役の北村一輝さんはドラマの「北条時宗」に出ていたので濃いキャラクターの役をやる人のイメージです。北村さんがもう戸田さんの父親の役をやることにびっくりしました。北村さんは50歳だそうです。【期待度 ★★★★★(5)】
50代男性
舞台が滋賀県の信楽、タヌキの焼き物で有名な信楽焼ですね、陶芸の中では六古窯に登録されているくらいに歴史がある焼き物です。日常に使う物を多く作るイメージがありますが、最近では盆栽の鉢など高級な物の展示会も多いですね、戸田恵梨香がヒロインの陶芸家の川原喜美子を演じるのですが、スペック等の日常離れした役者イメージが強いんで真面目なドラマだけにどのようなキャラを見せてくれるのか期待しています。【期待度 ★★★★★(5)】
30代男性
主演の戸田恵梨香さんは以前から知っている女優さんですが、今回演じられる川原喜美子のようなパワフルな役のイメージはあまりなかったのでどのように演技されるのか楽しみです。個人的には西川貴教さんが演じるジョージ富士川が物語にどう関わってくるのか気になります。【期待度 ★★★★(4)】

第1話が放送された「スカーレット」第1週のまとめ記事はこちら

>>第2話