【2019年11月02日(土曜)放送】スカーレット第30話のネタバレ考察

スカーレット

NHK朝ドラ「スカーレット」第30話(2019年11月02日放送)のネタバレと考察、感想をお伝えします。

前話の振り返り

喜美子は世界的な芸術家ジョージ富士川のサイン会に足を運んだ。富士川のサインに並んだ喜美子は、来年美術学校に通うことを話すと富士川に励まされる。その時、草間と再会する。2人は突然の再会に喜んだ。喜美子と草間はさえずりに移動し近況報告をする。喜美子の話を聞いた草間は喜美子が頑張ったことを褒めてくれる。そして、喜美子は草間に草間の妻のことを尋ねる。草間は元気なく話出す。妻は別の男の人とお店をしていたのだ。それを知らずに草間は長い間探していたのだ。その頃、ちや子の新聞社でも事件が起きていた。上司のヒラさんが他の新聞社から引き抜きを受けて辞めていたのだ。その事実をちや子だけ聞かされていなかった。新聞社から飛び出し泣きながら歩くちや子であった。そして、夕食を草間と食べに行くこととなった喜美子は、夕食を食べる場所を決めた様子だ。

スカーレット第30話ネタバレと考察&感想

スカーレット第30話のネタバレ

近日更新予定


「スカーレット」第30話 詳細ネタバレ

近日更新予定

スカーレット第30話の考察&感想

近日更新予定


評価…★★★★★(5)がMAX

スカーレット第30話(ネタバレ含む)感想 1

30代女性
近日更新予定【満足度 ★★★★★(5)】

スカーレット第30話(ネタバレ含む)感想 2

30代女性
近日更新予定【満足度 ★★★★★(5)】

スカーレット第30話(ネタバレ含む)感想 3

30代女性
近日更新予定【満足度 ★★★★★(5)】

スカーレット第30話(ネタバレ含む)感想 4

30代男性
近日更新予定【満足度 ★★★★★(5)】

スカーレット第30話・放送前の期待の声

期待度…★★★★★(5)がMAX

50代女性
結婚相手まで決めようとする父には腹が立つが、信作なら喜美子を幸せにしてくれそう。アキ子と上手くいかなかった医学生が訪ねて来るのもアリかもしれない。学校には行けなかったが、親方に認められて絵の道を極めてほしい。【期待度 ★★★★★(5)】
20代女性
苦しい生活ながらも環境に負けず生きていく喜美子のたくましい姿が今後の試練も乗り越えられると期待しています。幼少期から絵が得意なことがわかるシーンが度々出てきて、オープニングの轆轤や丸熊工業の七輪に繋がり、喜美子が職人になるのではという物語になると予想しています。【期待度 ★★★★★(5)】
30代女性

契約の際に交わした賃貸借契約書の“管理者”を確認しましょう。

管理者とは管理会社、または管理をしている不動産仲介会社です。大家さん本人(賃貸借契約書の「建物の所有者」と同じ)であることもあります。

付属設備についての責任は、この管理者が持っています。一般的に修理費用は、貸主や管理会社が負担することになります。

管理会社とは、物件の管理を大家さんから任されている会社のことです。仲介してくれた不動産仲介会社が管理を行っている場合もあります。

賃貸借契約書で確認できますが、不動産仲介会社から物件の管理会社を教えてもらうことも可能。賃貸借契約書が見つからない場合には、不動産仲介会社に電話してみましょう。

【期待度 ★★★★★(5)】

30代女性
強くて優しい主人公を演じる戸田恵梨香さんに喜美子役はぴったりで、喜美子の周りを取り巻く人たちもいい人ばかりでいつも感動しています。これからも大阪の芸人さんがたくさん出て、ドラマを盛り上げてくれればいいなと思います。陶芸に一歩近づいた喜美子が、立派な陶芸家になるまで見守りたいです。【期待度 ★★★★★(5)】
30代女性
お金に苦労してきた川原家は何とか周りの協力もあって喜美子たち兄弟も越してきた信楽で楽しく過ごしてきました。父には何の足しにもならないと絵を描くことをバカにされてきましたが、居候の草間は喜美子を褒めてくれました。残念ながら高校に行く事は叶わず大阪に出て働くことになりましたが、草間の影響もあって喜美子は精神も鍛えられ、今後の人生の目標を持つことが出来ているような気がします。【期待度 ★★★★★(5)】

第30話が放送された「スカーレット」第4週のまとめ記事はこちら

第29話<< | >>第31話